電力自由化で有効活用!オススメの業者ランキング

料金が安かったり発電方法で選べる

これまでの電力会社は、火力発電と原子力発電が主な発電方法でした。ただ原子力発電はほとんど使われておらず、実質火力発電のみです。ガスや石油などのエネルギーが必要で、二酸化炭素の排出も多いなど、自然環境に良い発電と言えないこともあります。

こちらのサイトでは、電力を供給する業者が選べるようになっています。電力自由化によって、自由に業者が選べます。しかし、どの業者を選んだらよいかわからない人もいるでしょう。最もわかりやすい基準は、自宅のプランで最も安くなる業者でしょう。

その他に選ぶポイントに発電方法があります。クリーンな発電で知られる太陽光を使った発電、風力を使った発電、ガスをメインに使った発電などがあります。料金をあまり気にしないときは、発電方法でも選べるので、サイトの情報をチェックすると良いでしょう。

京葉ガス株式会社

総合評価 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
公式サイトはコチラ

数多くのエネルギー関連企業が電力自由化とともに、電力事業を展開しています。時期によっては過剰に電力が使われていきますが、各企業で対応を行っています。ガス関連の事業を展開している京葉ガス株式会社も、電力自由化に伴って事業を展開しています。

京葉ガス株式会社は1世紀近く安定したガスを提供していますが、電力自由化によって電力販売も行うようになりました。省エネ対応できる商品を開発し提供していく中で、電気料金も割り引いていくことができるメリットもあります。

ガス料金と電気料金を、京葉ガス株式会社はまとめて支払うことができます。2回支払う手間も省けるので、手続きや資産管理にも役立てることができます。具体的な電気料金は京葉ガス株式会社のホームページでシミュレーションすることもできるので、確認しながら申し込むと失敗する確率も減ります。

楽天エナジー

総合評価 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
公式サイトはコチラ

最近は電力自由化で多くの業者が電力供給事業に新たに参入しています。これらの業者の中で人気となっているのが楽天エナジーでして、ここでは一般家庭を始めとして法人向けにも電力の供給サービスを提供しています。

楽天エナジーの特徴としましては、電力の使用量に応じてポイントが付与される点が挙げられます。また電力の支払いを楽天カードで行いますとポイントの付与率がアップするなどの特典も得られます。そしてポイントは様々な場所で利用可能です。

楽天エナジーでは全国各地でサービスを提供していまして、電力会社の切替えに際しての費用は発生しませ。また電力の使用量を30分単位でグラフ化してみる事が出来ますので、節電の意識向上を図ってゆく事が出来ます。

東京ガス株式会社

総合評価 ★★★★
サービス内容 ★★★★
満足度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★★
公式サイトはコチラ

公共の電気、水道、ガスは、多くの利用者があります。電気は、最近では、新しく導入された電力自由化へと変わりました。その電力自由化に伴い、エネルギー・フロンティア東京ガス株式会社では、新たな取り組みを始めました。まだ、よく分からないかたもいらっしゃることとおもいますが、エネルギー・フロンティア東京ガス株式会社ホームページサイトをご覧になられますと、詳細が把握できます。まだ、導入されたばかりですから、詳細が分からないかたも多くいらっしゃるでしょう。ホームページサイト内をご覧になり、詳細をご確認ください。

利用の際には、特に工事費用などは発生しないようです。申込みの際には、ホームページサイト内にあるお問い合わせからお問い合わせください。スタッフが親身になり、丁寧に対応します。申込みにお悩み、お困りのかたは、まずご相談ください。

まず、過去の電気代支払い額(請求書)を把握してみましょう。申込みの前に、費用などは確認してください。インターネットで、様々な情報、体験談が見られることとおもいますので、事前に確認して参考にしてみましょう。

大多喜ガス

総合評価 ★★★★
サービス内容 ★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★
使いやすさ ★★★★
公式サイトはコチラ

エネルギー関連企業は全国各地にありますが、ガスを提供する企業は地域に根づいた営業活動を展開しています。その中で近年電力自由化が始まり、エネルギーを活用して事業を展開する企業が増えてきました。ガス事業を展開する企業も電力自由化を活用し、多くの企業で電力事業を始めています。

大多喜ガスでも近年、電力自由化によって電力事業を開始しています。家庭向けのガスを提供している大多喜ガスでは、石油化学関連企業と提携しながら電力を提供しています。料金プランもガス料金とともに充実しており、サービス内容も満足度が高いです。

大多喜ガスでは電力自由化だけでなく、今後検討されているガス自由化も動向をチェックしながら電力事業を展開しています。発電量なども徐々に加入世帯に併せて増やしていく見込みを立てているので、利用者が増えても安定した電力を提供できるようになっています。

エネチェンジ

総合評価 ★★★
サービス内容 ★★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★
使いやすさ ★★★★
公式サイトはコチラ

最近は、自分で電力の供給ラインなどを選んでいくことができる電力自由化が有名になってきています。そして、自分で変更していこうとされる方もいらっしゃるかと思われますが、実際にどこを選んでいけばいいのかわからないという方もいるはずです。

そこで、電力自由化して得をしたいというのなら、エネチェンジを利用していかれるといいでしょう。エネチェンジでは電力供給ラインの変更などを行ってくれるだけでなく、変更時の情報を比較してくれたりと一番お得に利用できる場所を教えてくれます。

また、サイトを利用していけば、自分で詳しくサービスを比較することもできます。キャンペーンなどによっては、かなりお得に利用できるタイミングもありますので、興味があるという方は積極的に利用していかれるといいかもしれません。

ソフトバンクパワー

総合評価 ★★★
サービス内容 ★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★★
公式サイトはコチラ

ソフトバンクパワーでは電力自由化に伴い、自宅で発電した電力を買取ることをしています。そして、初期導入をするのには、通常だと経費や照す量などが必要になります。しかし、ソフトバンクパワーではその諸経費や手数料を負担してくれるためすぐに切り替えることができます。

そして、切り替えに関しては、書面上の手続きとなりますが、切り替えの時には立ち合い工事不要で行うことができます。そして、もう一つのメリットが固定買取価格よりも一円高く買取りをしているため、他の業者よりもメリットがあります。

そして、契約期間も始めは3年で、その後は2年ごとに自動更新されていきます。買取金額がどのくらいになったのかはパソコンで見れるほか、有料になりますが紙で送ってもらうこともできます。まずは、ホームページで単価なども確認できるのでそちらをしっかりと確認をして申し込む必要があります。

海外ではガス自由化は一般的な流れ

生活に必要なインフラなどは、一つの会社が一から提供するのは大変です。
その場合、国などが行うことがあります。ただ、それなりに発展をしてくれば、一般企業が行えるようになる場合もあります。日本でもいろいろな国営サービスがありましたが徐々に民営化しています。
また、国営化でなくても、一定の縛りがある業界などがあり、電力やガスは地域で選べない状況が続いていました。日本では、電力自由化が先に始まり、その後にガス自由化が始まります。
これによって提供会社を選んで利用できるようになります。世界はどうかですが、ヨーロッパやアメリカの先進国ではそれらは自由化が進んでいます。同じ会社が電気とガスを提供し、各家庭はセットで利用することが多くなっています。日本でもセット販売プランなどがあり、利用者はできるだけ得になるようサービス選びをしないといけないでしょう。


ガス自由化によってガス料金の競争が期待

一つの商品、一つのサービスを一つの会社でしか供給されないとしたらどうかです。
その商品やサービスが欲しい人は、その会社からしか受けることができません。提供する会社は、他と競争することがないので、自由に供給量や価格を決めることができます。欲しい人は会社主導の供給量や価格に応じて利用するしかありません。沢山ほしくても受けられない、高すぎるけど仕方がないなどの問題も出てくるでしょう。都市ガスの供給は、これまでは地域によって提供会社が決められていました。
それぞれの会社が自由に供給量、価格を決めていました。さすがに価格を決めるときには一定のルールがあるため、提供会社が自由に決めているわけではありません。しかし、独占状態だと、高めに設定されることもあります。ガス自由化で自由な供給になることで、価格競争が生じることが期待されます。
安くなる可能性があります。


ガス自由化は企業向けにはすでに行われている

何らかのサービスを受けるとき、個人向け、法人向けに分けられていることがあります。
その名の通り、個人は個人向けしか利用できません。法人は法人向けのみです。金融機関などでも、利用できるサービスに差が設けられていることがあるでしょう。電気やガスといえば個人も法人も関係なく同じようにサービスが提供されているように感じます。実際にはかなり違っています。
ガスも電気も、法人向けの場合はいろいろな会社が独自に契約をして提供をしています。つまり、ガス自由化は企業向けにはすでに行われています。発電所や物を作る工場などでは大量のガスが必要になります。
ガスを自ら持っている電力会社が供給することもあります。今回行われる自由化は、個人向けに対して行われることになります。契約などは新しくなりますが、それ以外で大きく変わることは少ないでしょう。

ページトップへ