電力自由化で有効活用!オススメの業者ランキング

Home > ガスの自由化について > ガス自由化と電力自由化は設備の変更は不要

ガス自由化と電力自由化は設備の変更は不要

 電気の供給は、電力会社が設置した電線などから行われます。電力自由化の時に新たに電線の設置が必要になると感じた人もいるでしょうが、その必要はありません。今ある電線を使って供給されます。
 メーターなど一部は新会社のものに変えることはあります。ガス自由化の場合には、多くの家庭では現在使っている会社が設置したガス管を利用しているでしょう。電気の時と同様、設備はそのまま使えます。新たに参入する会社がガス管を設置してそれを利用しないといけないわけではありません。新たに設置しようとするとかなりのコストがかかる可能性が出てきますが、その心配はなさそうです。供給業者がガス管の元の部分にそれぞれガスを供給し、そこからガス管を通ってガスが提供されます。実質的にどの会社のガスが来ているかどうかはわかりません。変更しても影響するのは契約上のみです。


 ガス自由化でガス管整備が進められる可能性

 生活に必要なインフラとして、電気、水道、ガス、電話などの通信があります。それぞれ普及率がありますが、この中で極端に普及率が良くないのがガスといわれています。実際にガスが提供されないわけではなくガス管の話です。ガスはプロパンガスでも提供される仕組みです。プロパンガスの場合、その都度交換が必要になったり、都市ガスよりも割高などいろいろな問題もあります。どちらも選べてプロパンを選ぶのはその家庭の勝手になりますが、ガス管が来ていないからやむを得ずプロパンを選ばざるを得ないケースもあります。
 ガス自由化で期待されているのが、ガス管整備です。これまでのガス会社だけでなく、新規に参入する会社でも工事が行えるようになります。となれば、普及する可能性は高くなるでしょう。多くの人が利用できるようになればどんどん利用が進み、より割安になる可能性があります。


 ガス自由化によってトラブル時の対応が気になる

 ガスを利用していてトラブルが発生することがあるでしょう。この時にはガス会社に連絡をします。自宅の設備に問題がある場合、自宅外の設備に問題がある場合などがあります。それぞれの時にガス会社が対応をしてくれました。基本的には周辺地域は同じガス会社を利用しています。気になるのはガス自由化で他のガス会社を利用した時です。設備は元々の会社の設備をそのまま使えます。
 もしトラブルが発生した時、新しい会社に連絡をするのか、設備を保有している会社に連絡をするのかです。連絡に関しては、契約している会社に行うことになります。そして、それぞれのケースに応じて対応してくれます。ガス管の問題があるなら、ガス管を保有する会社に連絡が行き、対応してもらえます。ですから、変更した場合に以前のガス会社に連絡をする必要はありません。

次の記事へ

ページトップへ