電力自由化で有効活用!オススメの業者ランキング

Home > ガスの自由化について > ガス自由化における課題とメリット

ガス自由化における課題とメリット

この度ガス自由化されることになるのは都市ガスですので、プロパンガスを利用している方にはベネフィットがないと言う問題が生じます。
外国ではガスそのものが自由化されたことによってガス会社の淘汰が進行して、大手に対して一極集中するという問題点が生じました。
日本においても都市ガスの原料の液化天然ガスにつきましては、大手電力会社の輸入が段違いに多いという現在の状況がありまして、大手がガスをリーズナブルに供することを通して外国と同じ状態が発生することもあり得ます。
しかしながらガス自由化によりましてガス網の整備が進行してサービス向上が見込める点はアドバンテージです。
電力と同じく、ガス自由化の手続きもとても容易です。
希望のガス会社に対して申請をするだけでよく、前会社に対しまして何一つ手続きを行なうことは不要です。
申請した後、切り替え日に関する連絡がきて、オートマティックに切り替えられます。



ガス自由化は価格面やサービスの向上に繋がります

ガス自由化においての最も大きな利点は価格面の競争がうまれるので販売価格が低下することです。
ありとあらゆるガス会社が同一のガス管を利用してガス供給するので以前と活用しているガスと一緒で販売価格がダウンしてもクォリティーが下がることはないです。
電気の自由化のケースのようにメーターをチェンジすることも要せず工事も不要です。
ガス料金のみの値下げにとどまらず新たに参入の企業は組み合わせて割引くスタイルをとっています。
また、新たに参入する業者には負けず劣らず大手電力につきましては都市ガスを供給しているエリアのというようなケースでは、電気とガスのみならずインターネットのプロバイダーに関する契約に関しても指定のものにすればなお一層値下がりするプログラムをスタートしています。
以上のように、価格だけでなく、サービスも競争が高まり、消費者にとってのメリットになっています。



ガス自由化はエリアによりサービスの相違が生じます

旧タイプのガス料金の状態でシミュレーションを行ったら新規のところのほうが安価になるのでチェンジするといった場合、工事は不要です。
しかしながら既存の契約の取り交わし自体がどうであるかによりまして違約金が生じてしまうことも考えられるので気を付ける必要があります。
ガス自由化に関しましては依然生まれたばかりなので都市ガスの供給エリアのみに適用となる割引率、あるいはサービスもありますので現在において暮らしている所、あるいは地域によってサービス並びに割引率が認められないこともあり得ます。
自由化とはプライスダウンのみならず料金アップもあり得るということになります。
これから先もより一層の参入企業が増加すると言われておりセット割引といったサービスが携帯電話のサービスのように複雑化して把握しにくくなることもあるという意見もあります。

次の記事へ

ページトップへ