電力自由化で有効活用!オススメの業者ランキング

Home > ガスの自由化について > ガス自由化によるメリットとデメリット

ガス自由化によるメリットとデメリット

2017年4月より、ガス自由化が本格的にスタートしました。
具体的には都市ガスの小売事業への新規参入を促すことをいいます。
これまでは住んでいる地域の都市ガス会社と契約してガスを利用するだけでしたが、今後はより多くの新規参入事業者が出てきて、競争が激しくなり、料金の引き下げやサービス向上が期待されています。
新規事業者を利用することになっても、使われるガス管は今のままなので、ガス会社を変更しても工事や設備費用などの追加負担はありません。
予想されるメリットは既存のガス会社が今まで以上のコスト削減努力を行い、結果として料金が下がることです。
次に消費者にとっては多くのガス会社の中から自由に選択して契約ができる点です。
また、価格競争が落ち着いた後は、サービス向上に向かい、今までになかったお得なサービスができる可能性もある点です。
一方、デメリットとしては東京、大阪など大都市では多くの新規参入がありますが、地方の中小都市ではこれまでと全く変わらず何もメリットがなく、大都市部との料金格差が生じる可能性があります。
また、地方のほとんどのガス会社は規模が小さく、ガス自由化によって大手企業による寡占状態を招く危険性も考えられます。



ガス自由化がもたらす有益性とは

ガスに関しては都市ガス及びプロパンガスに区分けされます。
そして、都市ガスにつきましては公共料金ですがプロパンガスに関しては自由料金でありまして、アパートなどにおいては家主がプロパンガス会社によって厚遇してもらえるというアドバンテージもあって、都市ガスに関してはそう簡単には行き渡らないという課題があります。
しかしながらプロパンガスにつきましては災害上における復旧に力を発揮すると言う特殊性もあります。
この度自由化が施されるのは都市ガスですからプロパンガスを活用している場合、ガス自由化のベネフィットは受けられません。
過去都市ガスは地域における独占状態だったことから、自由化によりまして競争原理が機能し、サービス向上そして販売価格低下などが見込めます。
加えてガス管に関しても整備が進行することも求められており、過去ガス管が来ていないことを通してプロパンガスを活用していたというエリアでも都市ガスが使用できるようになることが想定されます。



ガス自由化が全国各地で進んでいます

最近ガス自由化が全国各地で進んでいます。
今まではガスの契約はガス会社で行うのが一般的でしたが、今後は電話料金や電気料金などと一緒になったプランも提供されるようになりますので、その中から自分にとってお得なプランを選択してください。
インターネット上にもガス自由化に関する詳しい情報が掲載されていますので、暇な時間を利用して情報をチェックすることをオススメします。
自由化によって価格競争が起こるため、今後ガス料金は少しずつ安くなっていくことが予想されます。
生活する上で料金が安くなることは非常に有難いですが、情報は自分自身で調べないと誰も教えてくれませんので、少しでも料金がお得になるように定期的な情報収集は欠かさず行ってください。
役立つ口コミ情報も多数掲載されていますので、一度目を通しておくことをオススメします。

次の記事へ

ページトップへ