電力自由化で有効活用!オススメの業者ランキング

Home > ガスの自由化について > ガス自由化による主な効果に関して

ガス自由化による主な効果に関して

 過去のガス料金につきましては、掛かった費用を積み上げ、その上ガス会社の収益をプラスして決めていました。これを総括原価方式といます。料金確定には経産省の認可が不可欠ですが、費やした費用をほとんどそっくりそのまま利用者に転嫁することができるとすれば費用を下げる取り組みが意識的に行われていたのか怪しかったといえます。ガス自由化した後は料金が高ければ利用者に逃げられるので、不必要な費用を掛けられなくなります。
ガス会社が本気を出して費用低減に取り掛かることで、ガス料金の値引きが見込めます。 料金だけに限られた競争には限度があります。したがって、サービスという側面での競い合いも生じます。以前までは予想も出来ない有難いサービスも、出てくるかもしれません。 加えて、一層満足してもらえるサービスを供するため、技術の向上のスピードも早まるでしょう。


ガス自由化によるメリットと留意すべき点

  ガス自由化のアドバンテージとしてあげられるポイントとしまして、過去独り占めしていたマーケットに対して、て新たな企業が加入してくることを通して、会社間で競争が発生することです。これまでより安い金額で、ガスを手に入れられるのみならず、さまざまなポイントがプラスされる等のアドバンテージとなる契約プログラムの提供も将来的に予想されています。そのほか、広い範囲に亘るサービスを享受できるようになる事が期待されています。ガス自由化の留意すべき点としましては、ひとつの例として、保安上の責任の所在に関する問題があります。現在、都市ガス会社が、保安に関しての責任を担っている訳ですが、ガス導管部門が分割された時に、ガス導管事業者が請け負う事になるのかあるいは小売り会社か、明瞭な判断基準がされていない点があります。


ガス自由化によるメリットとデメリット

 現在、家庭で使われているガスには都市ガスやLPガスなどがあります。この中で、今回のガス自由化によってガスを自由に選べるようになったのは、家庭向けの都市ガスです。都市ガスを家庭などに提供している会社は全国に数多くあり、今回のガス自由化で都市ガスを提供してきたガス会社のガス管を新しく参入してくる会社が使用できるようになりました。そのため、今までは住んでいる地域にある都市ガスの会社しか選ぶ事ができませんでしたが、これからはその地域に参入してきた新しいガス会社と契約ができるようになりました。
ガス自由化によって、今まで都市ガスを利用していた家庭では、いくつかのガス会社から自由に選べる事ができ、現在のガス料金よりも料金が割安になるなどのメリットがあります。しかし、地域によっては参入してく会社が少なかったり全くないこともあるので、メリットを受けられない家庭もできてしまいます。

次の記事へ

ページトップへ