電力自由化で有効活用!オススメの業者ランキング

Home > ガスの自由化について > ガス自由化のメリットとデメリット

ガス自由化のメリットとデメリット

日本において、2016年4月に電力自由化が開始となりました。それをきっかけに、様々な企業が電力小売りに参入してきています。
そして、2017年4月からガスについても自由化となります。なお、このガス自由化になるのは、都市ガスを指します。プロパンガスに関してはすでに自由化になっていることから、2017年4月からのガスの自由化の対象にはなっていません。では、ガス自由化のメリットとデメリットについて挙げていきます。
まずはメリットは、ガス料金が値下がりすることであります。ガスの自由化が起こると企業同士が競うことになりますので、その結果として値下げ合戦が起こって料金が安くなります。その一方デメリットで、世界情勢や原料が高騰したりする要因によって、ガス料金が値上がりになってしまうことです。
ガスは、ほぼ輸入に頼っている背景があることから、各企業のガス料金の仕入れ値が世界情勢や原料が高騰することで上がってしまうとガス料金が値上がりになる可能性があります。


ガス自由化の業者選びで従来の業者以外の選択

過去に電話会社が自由化することがありました。それ以降特に大きな動きはありませんでしたが、電力会社の自由化が起き、さらにガス会社の自由化が始まります。
電話や電気は、何となくそれぞれの会社がどうやってサービスを提供するかがわかりやすいです。ガス自由化では従来の会社以外の会社がガスを提供することになります。それらの会社がきちんとガスを提供できるのか不安に感じるかもしれません。
確かに一般の人からすると、それらの会社が突然ガスの供給を始めるように感じます。実際の所、業務用のガス自由化はかなり前から行われています。今から20年ほど前からです。電力会社がガス提供できるのか不安かもしれませんが、業務用としてはすでに行われています。
それぞれの会社の実績などもチェックしながら、業者を選ぶと良いでしょう。各社いろいろな情報を提供しています。


ガス自由化ではガスの利用度合いをチェック

オール電化の家庭ではガス管が通っていないところもあります。
この家庭ではガス自由化は特に何の影響もないでしょう。そもそもガスを使っていないからです。その他の家庭では少なからずガスを使っています。各家庭で使い方は様々です。まずは、キッチンとお風呂をメインに使っているところです。
それ以外には、暖房時の燃料として使う場合、さらに最近はガスで自家発電をする場合があります。キッチンなどでしか使っていない家庭に比べ、発電にも使っているところでは利用量が大きく異なるはずです。ガス自由化によって業者が選べるようになります。まずは自宅での利用度合いを知りましょう。
各家庭で異なるため、どの会社が得になるかもそれぞれで違います。キッチンやお風呂で使う程度ならどこがいいか、発電にも使って煎るときはどこがいいかなどを知った上で選ぶようにしましょう。

次の記事へ

ページトップへ