電力自由化で有効活用!オススメの業者ランキング

Home > ガスの自由化について > ガス自由化は価格やサービスの向上をもたらします

ガス自由化は価格やサービスの向上をもたらします

ガス自由化によるメリットで期待して良いのは料金を倹約することができる可能性がある点といえます。
新たに参入している企業につきましては電力会社も見受けられますが、電気やガスを組み合わせて契約を締結することを通してセット割が受けられたり、或いはガス単独でも料金設定がリーズナブルになっていることがあり、利用料の多様化が望めます。
それに加えて、ガスにつきましては都市ガス及びLPガスが存在しますが、この度ガス自由化が認められるのは都市ガスになります。
LPガスに関してはエリア内のガス会社の専売はありませんが、エリアにより企業サイドが固定化されている可能性が大きく、料金設定は競争そのものがもたらされていないのが現在の状況です。
しかしながら、都市ガスが自由化されることを通して、合わせてLPガスに関しても販売価格の透明性が高くなって消費者が専門業者を選択しやすい状態が生み出されることが望まれています。



目的を知ってガス自由化に関して考える

ガス自由化と言われても、いつの間にか決まっていたように考えている人はたくさんいます。
しかし、きちんと目的をを知った上で利用を検討しなくては良い利用ができません。
大きな目的としては、日本のガス会社は諸外国から見て非常に高いと考えられてきていました。
この、諸外国との差を縮めるという意味合いです。
また、自由化に伴って、参入会社が増えていくと当然競争が起こります。
価格だけでは限界が見えているので、各社サービス面での競争が主になると考えられています。
新たなサービスを生み出すためには技術革新も必要となってくるので、この時に生まれた技術やサービスを海外に売り込むということも狙いです。
そして、最も知られていない理由としては、ガスの安定供給です。
一つのガス会社が独占しているとその会社に何かがあった場合の影響というのは計り知れません。
そのため、たくさんの会社が参入すると災害時も含めて安定供給体制が整います。



ガス自由化による個人の主なメリット

ガス自由化の本当の目的は、過去エリア内のガス会社が独り占めしていたガス事業を一般に対してオープンにすることで、価格面の競争をつくり出し、利用料の高騰を食い止めることにあります。
電力自由化と一緒の目的と考えますよ。
一個人にとりまして、ガス料金が安く済むことが最も大きいメリットといわれています。
従来のガス会社においては料金サービスの自由度が良くなかったですが、少ない使用でアドバンテージとなるなど、一層個人使用にマッチしたサービスが準備されています。
参入会社が行なっているガス以外のサービスを活用している人は、セット割が認められる事例が多く、一層プラスになります。
費用以外の面においては、ひとつの例として電力会社が供するガスを活用すると、明細が1個にまとまる利点があります。
とりわけ振り込み用紙を利用して支払っている方は手数が減ります。

次の記事へ

ページトップへ