電力自由化で有効活用!オススメの業者ランキング

Home > ガスの自由化について > 今さら聞けない、ガス自由化の基本

今さら聞けない、ガス自由化の基本

電気の自由化に次いで、2017年4月から開始されたのがガスの自由化です。
これまでガスの供給は、地域ごとに決められたガス会社と契約するほかに選択肢はなかったのですが、自由化されることによって、他のガス会社との契約することが可能となりました。
一般家庭の消費者向けに小口でガスを販売する業者や、電気や石油、ガソリンなどをセットにすることで、より割安にガスが使えるサービスを打ち出す業者も増えています。
ガスの供給会社を変更したとしても、ガスの使用に制限がかかったり、ガス製品を新たに買いなおさねばならないわけではありません。
これまでと全く変わらず、同じようにガスを使うことができます。
ただし、ガス自由化は始まったばかりですので、人口が密集した首都圏エリア以外では、まだまだ参入するガス会社が少ないのが現状です。
地方でも選択肢の幅が広がることが望まれています。



ガス自由化も結局手ごたえ無しなのでは

電力自由化に次いで、次はガス自由化が、今年の春から始まったようです。
当初は、テレビや新聞、ニュースなどでも様々な情報を流れ、目に耳にしていたのですが、最近は全くそれも無くなってしまっています。
各会社や企業におきましては、電気の自由化の時期当たりから見積りなどを請求したり、色々と、考慮して導入している所も多いのではないかと思われます。
ただ、一般家庭の場合には、今も無関心のままでいらっしゃるご家庭も多いのではないかと考えます。
実際に導入されていらっしゃる比率は、ほんの数パーセントだという事を、耳にした記憶があります。
やはり、面倒だという事も要因の一つだと考えますし、沢山の会社等も参入しており、しっかり把握出来ていらっしゃらない方が多いのではないかと考えます。
そして、一番は、核家族が増える中、余り、メリットも無いという事が一番の要因になているのではないかと考えます。



ガス自由化の良い点には何があるか

時代の流れにともなった動きとして、電力自由化に続いてガス自由化があります。
そのガス自由化には、いくつかの良い点があります。
一つ目は、サービスの向上があります。
それぞれのガス小売業者同士の土俵というのは、ガス料金だけではありません。
オプションの提携合戦がスタートすることにもなるでしょう。
新しく参入してくる業者が他の業種からも入ってくるため、それぞれの会社の個性を表に出していったオプションを提案してくるでしょう。
ガス料金がどれくらい安いのかだけでガス会社を選んでいくのではなく、多くのサービスにも注目していく必要が出てきます。
二つ目は、ガス料金が安くなるということです。
これまでは、ガス会社の利益が発生することをもとにガス料金を決定していました。
しかし、これからは制限がなくなることにより、ガス料金が需要と供給のつりあいの中で決定していきます。
要は、値下げが大いに期待できます。

次の記事へ

ページトップへ