電力自由化で有効活用!オススメの業者ランキング

Home > ガスの自由化について > 電力自由化による影響を考える

電力自由化による影響を考える

 電力の小売が完全自由可されるのが電力自由化です。電力供給にかかる、既存事業は大手の電力会社により発電、送電の全てを取り扱う独占状態が続いていましたが、市場競争を活性化させるために規制緩和の結果、電力供給事業者になるための門戸が開かれています。
 既存配備されている送配電網を使うことで、電力供給事業者が送配電できるようになった点が特筆されます。
 電力自由化によって、太陽光発電への新規参入が可能となっています。期待される変化点となる項目には、発電の自由化、電力小売りの自由化、送配電の自由化、送配電の分離などが挙げられます。
 電力供給事業者間で自由競争となり、任意の業者を選ぶことが可能となります。競争原理が働き、電気料金の引き下げにもつながるものと期待が寄せられています。


 予め定められた事業者のみが許されていた電力販売が、家庭においても実施可能です。例えば、太陽光発電によってできた余剰電力を売電することが可能です。
 電力自由化によって、少希望の事業者が電力供給事業に参画することができるようになり、ビジネスチャンスが生まれ市場が活性化することが期待されます。
 家庭における太陽光発電に寄せる期待は、余剰電力の買い取りによってトータルの料金低減に期待できる点です。
 電力の自由化によって発電と送電が分離される点にも注目です。
早期参入が有利とされていた新規事業者の参入は、風向きが変わってきており、猛暑などの際に過剰な電力消費が行われた結果、電力会社への送電網へ送る義務のある電力供給に満たず、ペナルティを支払った結果、資金繰りが悪化し倒産もしくは事業撤退の憂き目に会う事例が出てきています。
 必ずしも参入すれば成功するというものでないことが明らかになってきています。


 太陽光発電による電力供給は天候に左右されるなど、不安定な要素があり、電力を高めに買い取る制度を疑問視する向きがあり、送配電を分離するシステムを設置する費用や維持負担を増やしてしまうなどの指摘があります。
 太陽光発電を導入出来ない家庭との、経済的な負担の違いから格差が生じるとの考え方もあります。
 また、電気料金が安くなる事で乗り換えたはずの新規事業者が撤退したり、倒産などした場合は、その時点で電力供給がストップすのではなく、地域の電力会社より電力供給を受けることができます。
 しかし、以前の料金に戻るわけではなく、高めの料金となるなど不都合があることは留意しておくべきでしょう。

ページトップへ